Fiav

引抜加工

一歩ずつ、求められる断面まで。

圧延、押出加工品の断面を段階的に縮小する加工方法で、“一段階以上”の引抜工程によりお客様指定の許容差を確保します。
ダイス出口で引張り力を与えることで、棒・線材はそのダイス形状に合わせて減面し、最終的に要求される断面形状が得られます。
指定断面に仕上げられた製品は棒材、線材として納入されます。